インテル NVMeストレージ SSD750でボトルネックを解消

intel750

    異次元の速さ

GDEPアドバンスでは新しいデータ格納方法として「インテル SSD 750」の利用をご提案します。 超高速SSD「インテル SSD 750」シリーズはデータセンター向けの「インテル SSD DC P3700」シリーズをカスタマイズし、他に類を見ない高いコストパフォーマンスを実現したストレージ製品です。 容量ラインナップは400GB、800GB、1.2TBの3種類で、2.5インチサイズの他にPCI-Express X4スロットに搭載して使用する形状のNVM Express 1.0プロトコルもサポート。ブート機能も追加され、データの格納だけでなくシステム起動時間の大幅な短縮も期待できます。
               
Intel SSD 750シリーズ スペック表
 容量 400GB800GB 1.2TB
 最大シーケンシャルリード(128KB) 2200MB/s 2100MB/s 2400MB/s
 最大シーケンシャルライト(128KB) 900MB/s 800MB/s 1200MB/s
 最大ランダムリード(4KB) 43万IOPS 42万IOPS 44万IOPS
 最大ランダムライト(4KB) 23万IOPS 21万IOPS 29万IOPS
 シーケンシャルリード時のレイテンシ 20μs 20μs 20μs
 シーケンシャルライト時のレイテンシ 20μs 20μs 20μs
 ランダムリード時のレイテンシ 120μs 120μs 120μs
 ランダムライト時のレイテンシ 45μs 45μs 45μs
 リード時の平均消費電力 9W 10W 10W
 リード時の平均消費電力 12W 22W 22W
 アイドル時の平均消費電力 4W 4W 4W
400GBモデルはシーケンシャルリードは2.2B/sec、ライト速度は900MB/secの性能を誇り、1.2TBモデルにおいては実にシーケンシャルリード2.4GB/sec、ライト速度1.2GB/secという驚異的な高速アクセスを実現します。このスピードは従来のSATAインターフェース接続SSDの4倍、ハードディスクの実に14倍という実力です。
ssdchart2(1)
上のベンチマークで特に注目して頂きたいのは大容量データのランダムアクセスです。 Susyained(128KB)のリード/ライトでは他社のSSDと比較しても大きな差はありませんが、4K IOPSベンチでは読込で約5倍、ライトでも約4倍と他の製品を大きく引き離しています。 intelの従来品SSDと比較してもその性能は一目瞭然です。(下図参照) ssdbenchmarks(1)

    GDEPアドバンスからさらなる高速化の提案
さらに、GDEPアドバンスではインテル750SSDを複数枚搭載したRAID-0 ストライプ構成にすることにより4.6TB/Secという異次元の超高速アクセスを実現しました。 raid-0_bentch-1
※上記ベンチは400GBモデル時の値です。1.2TBモデルを使用した場合は理論値5GB/Secオーバーのパフォーマンスを実現可能です!

GDEPアドバンス推奨の本RAID-0ストライプ構成はブートは出来ませんが、データ領域としてはOSを選ばずにWindowsでもLinuxでも構築搭載可能であり、データアクセスがボトルネックになっている研究やデータ処理には絶対にお勧めしたいストレージ製品です。
詳しくは弊社営業までお問い合わせ下さい。

TOPへ