APEXX1 1401

new

世界最小クラスのオーバークロックワークステーション

APEXX1 1400シリーズ は 世界最小クラスのワークステーションでありながら、4.4GHzにオーバークロックした第6世代インテルl® Core i7プロセッサーを搭載しています。 また、OpenGL4.4及びDirectX12に対応した Intel HD Graphics 530を内蔵。DP出力からの4K(4096x2304)出力を可能にし、Intel® Quick Sync Video対応の各種アプリケーションとの組み合わせにより4K/60Pの動画もスムーズに再生が可能です。

さらに、APEXX1は単なるオーバークロックモデルではなく、AUTODESK社のAutoCADをはじめ 3D MAX , INVENTOR , MAYA , REVIT や SOLIDWORKS , CATIA 等のメジャーISVアプリケーションの動作認定を受けています。
主要なCADや3Dモデリングアプリケーションに対して驚異的なパフォーマンスと安定した動作環境を提供します。
 

  • 1GPU
  • QuadCore
  • HTテクノロジ
  • TurboBoost
  • USB2.0
  • USB3.0
  • SATA III
  • GigabitEther
  • Wifi 802.11a/c
  • BlueTooth
  • m.2
  • DDR4
  • 2133MHz
  • DUal Channel
  • 水冷CPU
  • ACアダプター
  • 3年保証
テクノロジー&推奨アプリケーション
製品トップ
製品特徴
製品仕様

高速4.4GHzのオーバークロックCorei7でヘビーなアプリケーションも快適動作

BOXX独自の技術力により第4世代Intel®CoreシリーズSkylakeを 4.4GHzにオーバークロックしつつ、徹底した動作検証を重ねDASSAULT SYSTEM社のSolidWorksやAutodesk社のRevit、3D Studio Max、Maya等、CAEやデザイン、画像処理に欠かせないメジャーアプリケーションの動作認定を受けている人気モデルです。

高速4.4GHzのオーバークロックCorei7でヘビーなアプリケーションも快適動作
独自設計筐体によるCPU水冷と冷却エアーフロー

独自設計筐体によるCPU水冷と冷却エアーフロー

一般的なTurboBoost機能とAPEXX1のオーバークロックは根本的な仕組みと得られるパフォーマンスが違います。TurboBoost機能は各 コアの負荷によって、1つだけのコアが最大4.0GHzまでクロックアップ(Corei7 6700Kの場合) しますが、APEXX1は全てのコアが常時4.4GHzの高クロックで動作します。

独自設計筐体によるCPU水冷と冷却エアーフロー

APEXX1 1401はBOXX Technology独自で設計されたエアークリーング構造の筐体によって、高負荷の状況下でも独自デザインのロープロファイルの熱交換システムと水冷冷却ソリューションにより静音性を維持、オフィス、デスクサイドでの騒音はほとんど感じられません。
搭載の水冷ユニットは高クロックなCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇り、CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え優れた冷却性と静音性を発揮します。MTBF50000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がない耐久性を考慮した構造になっています。
 
 
独自設計筐体によるCPU水冷と冷却エアーフロー
ハイエンドビデオカードQuadroシリーズを搭載可能

ハイエンドビデオカードQuadroシリーズを搭載可能

4GBのGDDR5を搭載しMini DisplayPort 4系統出力が可能なプロフェッショナルグラフィックスボード「Quadro1200」を搭載可能です。3D CAD、BIM、CG、映像編集などの用途により柔軟なマルチモニター環境を提供します。

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。