SSDPE2MW400G4X1

Intel SSD 750は内部インタフェースとして「NVMe」(NVM Express)を採用しています。
従来のSirial ATA SSDとの大きな違いはAHCIをインタフェースに使用せずにNANDフラッシュに適した内部インタフェース設計になっていることです。
これによりAHCIのボトルネックを解消し同時並列処理能力が向上。他に類を見ない超高速な性能を実現しています。
容量ラインナップは400GB,800GB,1.2TBの3種類で、2.5"SSD(15mm)の他にPCI-Express X4スロットに搭載して使用する形状のNVM Express 1.0プロトコルもサポート。
ブート機能も追加され、データの格納だけでなくシステム起動時間の大幅な短縮も期待できます。 
 
驚異のベンチマーク結果はこちらをご覧下さい。

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。