TESLA M40 12GB (GTS-M40/12GB)

世界最速のディープラーニングアクセラレータ

今日の主要なディープラーニングモデルは、訓練に概して数日から数週間かかるものであり、データサイエンティストは精密性と導入までの時間の間で妥協を強 いられています。NVIDIA® Tesla®  M40 GPU アクセラレータはディープラーニング トレーニング用の世界最速のアクセラレータであり、訓練にかかる時間を劇的に削減する目的で作られています。
NVIDIA® Tesla®  M40 上で Caffe や Torch などのDeepLearning用フレームワークを実行した場合、同じモデルを完成させるのにCPUだけの計算システムでは数日かかったのに比べ、数時間で実現できます。
 
※TESLA M40はパッシブ(ファンレス)設計のカードですので搭載できるハードウェアに条件があります。
GDEPアドバンスでは、お客様がお持ちのサーバー、ワークステーションへの搭載可否のご相談、組込、CUDA環境のインストール、設定、動作確認まで対応しております。お気軽にご相談下さい。

  • 3072コア
  • GDDR5
  • 12GB
  • 288GB/Sec
  • GPU Boost
  • 単7.0TFlops
  • 3年保証
テクノロジー&推奨アプリケーション
製品トップ
製品特徴
製品仕様

世界最速の単精度演算GPU

「TESLA M40はNVIDIA最新のGPUアーキテクチャ「Maxwell」をベースにした3072個のGPUコアを内蔵しており、搭載されるトランジスタの数は80億個、単精度演算性能は7.0TFLOPS(テラフロップス)を誇ります。
画像処理やDeepLearningなど単精度演算のGPUパワーの恩恵をリニアに享受できる単精度演算最速のGPUカードです。
世界最速の単精度演算GPU
GPU Boost機能を搭載

GPU Boost機能を搭載

従来定格で動作していたプロセッサ周波数を、プロセッサに余力がある場合に可能な限り増大させることで、より効率良くGPU を使用します。
また、ユーザーはプロセッサがサポートしている範囲でプロセッサ周波数を任意に変更することが可能になり、用途に合わせて、周波数を高めて計算効率を向上させるほか、周波数を抑えて消費電力を抑制することもできます。

大容量12GBのGDDR5メモリを搭載

12GBの大容量GDDR5 メモリを搭載し240GB/s のメモリ帯域を実現しました。これにより、大規模なデータ処理を必要とするHPC アプリケーションのボトルネックを大幅に軽減します。
大容量12GBのGDDR5メモリを搭載
GPUメモリ周りが大幅にパワーアップ

GPUメモリ周りが大幅にパワーアップ

TESLA M40のメモリインタフェースは384bitに改善され、メモリクロックは7010MHzとなりました。
合わせてメモリバス帯域幅は336.5GB/sと拡充され高負荷な利用用途でのメモリIOでのボトルネックも解消も期待できます。
TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。