GDEP GPU Claster

 
GPUクラスタの優位性「GPU Direct RDMA」

GPUクラスタシステムの大きな特長であるGPU Direct RDMAはGPUメモリから読み出したデータを送るDMAの転送先が直接ネットワークカード(infinband HCA)となっています。これによりCPUメモリを介さずにネットワークカード(infiniband)間でダイレクトにノード間データ転送が可能となり、MPI通信の遅延が減って、結果バンド幅が広がります。またGPU DirectはGPU間のデータ転送だけでなく、ノードを跨いだCPU間でのデータ転送でも利用が可能です。
 

  

※GPU Direct RDMAを利用したMPIと、利用していないMPIを比較すると実に3倍の速度向上が見られます。

 
高速&低レイテンシのinfinibandクラスタシステム
GPUクラスタシステムは、CPUよりも高い並列演算性能を誇るGPUボードを複数枚搭載した演算ノードを高速なインフィニバンドネットワークで繋ぐことにより、さらなる計算速度の向上を目指すシステムです。
GDEPアドバンスのGPUクラスタノードは、1ノードあたり2~8枚のGPUとGPU Directnに対応したInfiniBnadで広帯域なシステムをノード数や設置場所、使用用途とご予算に応じてフレキシブルに構築が可能です。分子動力学、金融工学、流体解析、構造解析等、様々なHPC分野のシミュレーションで、より一層の演算性能の高速化に貢献します。



サーバールームでも居室でも
大規模計算を必要とするシミュレーションにおいては柔軟なGPUクラスターを構築することにより高い並列計算能力を実現することが可能です。しかし、高性能なシステムには安定した電源供給環境と、計算された排熱冷却の環境が必要であり、同時にそれは完備されたサーバールームなど一部の限られたファシリティでのみ実現される環境でもあります。
GDEPアドバンスではGPUクラスタをもっと手軽に、もっと身近にお使い頂ける様、高性能静音ラックや100V環境下でも利用可能なUPSなど様々オプションをご用意しています。


    
※-24.3dbを実現する高性能静音ラック 居室への設置も可能です。    ※100V-15A環境下でも安定して電源供給可能な特注UPS

GDEPアドバンスではinfiniband、収納式コンソール、無停電電源装置、防音ラックなどの特徴のある関連ハードウェア提案から、高度な高速ネットワーク設定、ソフトウェア環境設定、メンテナンスに至るまで、様々な組み合わせの中から最適なシステムをご提案させて頂きます。

 

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。