APEXX D4 DSW

new
APEXX D4は、2019年3月にサンノゼで開催されたNVIDIA GPUテクノロジカンファレンスで発表された新しいワークステーションプラットフォーム「NVIDIA Data Science Workstation」のリファレンスデザインを踏襲した拡張製の高いデスクトップデータサイエンスワークステーションです。拡張性の高いオリジナル筐体に最新のNVIDA Quadro®RTXをはじめとするハイエンドGPUを最大で4基搭載可能で、NVIDIAによってチューンされた「NVIDIA CUDA-X AI」がビルドされています。
データサイエンスを加速させるエンドツーエンド プラットフォーム「NVIDIA CUDA-X AI」は TensorコアGPUの柔軟性を存分に発揮させるシステムとなっており、分散型ディープニューラルネットワークサポート用のcuDNNもバンドルされ、データの取り込みから、ETL、モデルのトレーニング、展開に至るデータサイエンスや、回帰、分類およびクラスタリングのための機械学習アルゴリズムまで効率良く高速化することが可能です。
ディープラーニングからHPCまで新しい用途を提案するワークステーションの誕生です。
 
  • 4GPU
  • 56Core
  • TurboBoost
  • Dual GbE
  • m.2
  • NVMe
  • PCI-Express x16
  • DDR4
  • 2933MHz
  • ECC
  • Registerd
  • 水冷CPU
  • 80PLUS認証電源
  • NV-Link
  • 3年保証
製品トップ
製品特徴
製品仕様

CUDA-X AI を実装

NVIDIA Data Science Workstation の大きな特長であるCUDA-X AI は、12 を越える専用のアクセラレーション ライブラリで構成されており、分散型ディープニューラルネットワークサポート用のcuDNNもバンドルされ、データの取り込みから、ETL、モデルのトレーニング、展開に至るデータサイエンスや、回帰、分類およびクラスタリングのための機械学習アルゴリズムまで効率良く高速化することが可能です。
 
CUDA-X AI を実装
第2世代インテル® Xeon® SP プロセッサー

第2世代インテル® Xeon® SP プロセッサー

コア数が最大で56コアとなりメインメモリ帯域が46.9GB/secに増強された、第2世代Xeonスケーラブル・プロセッサ(開発コード:Cascade Lake-AP)をDualで搭載。高い演算能力が求められるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、人工知能(AI)、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)の負荷に対応するように設計されています。

Intel Deep Learning Boost

新しく導入されたAVX512の拡張命令「VNNI(Vector Neural Network Instructions)」には vpdpbusd(8ビット)、vpdpswwd(16ビット)という2つの命令セットが導入されており、より効率よくディープラーニング(深層学習)の推論が行なえるようになっています。
※VNNIを利用するには、従来の世代で導入された新命令セットと同じように、プログラムのコードをVNNIに対応させる必要があります。このためIntelでは、各種フレームワークに対応したオープンソースの開発ライブラリ「MKL-DNN」を提供しています。
 
Intel Deep Learning Boost
m.2ブートドライブ

m.2ブートドライブ

高速なPCI-Express3.0(x4)(NMV Express)接続のintel製760pシリーズをブートドライブに採用。新しい64層3D NANDテクノロジーはシーケンシャルRead 3,230MB/sec、Wright 1,625MB/sec、ランダムRead 340,000 IOPS、Wright 275,000 IOPS(いずれも512GBモデル)と従来の600pシリーズの約2倍の性能を実現しています

最大100GB/sの双方向通信NVLink®

最新のGPUを最大4枚搭載可能で、さらに2枚づつのNVIDIA® Quadro RTX 6000/8000やQuadro GV100をNVLink® に接続して、最大100GB/s(双方向帯域幅)のGPU からGPUへのデータ転送することにより、有効なメモリフットプリントを倍増しアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。
「Quality more than Quantity」のBOXX社の企業姿勢から生み出される高品質で独創性のある製品を体感して下さい。
 
最大100GB/sの双方向通信NVLink®
TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。