データサイエンスワークステーションのすすめ

2019.10.07 ホット

ディープラーニングだけじゃない!
データサイエンスワークステーションのすすめ

data-science-workstation

国産初のNVIDIA認定データサイエンスワークステーション
「データサイエンスワークステーション(Data Science Workstation)」は2019年3月にサンノゼで開催されたNVIDIA GPUテクノロジカンファレンス(GTC2019)で発表されました。Deeplearningはもちろん、機械学習や前処理、推論までカバーしたデータサイエンティスト向けの新しいワークステーションプラットフォームです。
データサイエンスワークステーション にはデータサイエンスを加速させるエンドツーエンド プラットフォーム「NVIDIA CUDA-X AI」が搭載されており、TensorコアGPUの柔軟性を発揮させるシステムとなっています。また、分散型ディープニューラルネットワークサポート用のcuDNNもバンドルされ、データの取り込みから、ETL、モデルのトレーニング、展開に至るデータサイエンスや、回帰、分類およびクラスタリングのための機械学習アルゴリズムまで効率良く高速化することが可能です。
従来、データサイエンスのワークフローは、データの読み込み、フィルター処理、操作、さらにはモデルのトレーニングと実装において CPU に依存しており、遅くて扱いにくいものでした。NVIDIA により高速化されたデータサイエンスソリューションはNVIDIA CUDA-X AI 上に構築され、データ処理、機械学習、およびさまざまなデータサイエンスソフトウェアに対応する RAPIDS を搭載しています。これにより、NVIDIA GPU のパワーを活用し、生産性、パフォーマンス、および ROI を最大化します。

GDEPアドバンスのデータサイエンスワークステーションは、NPNエリートプロバイダとして日本で初めてNVIDIAのサーティファイを取得しており「NGCサポート」をバンドルすることが可能です。豊富なライブラリやフレームワークの使い方に困った際もNVIDIAのサポートチームがダイレクトにお客様をサポートします。※NGCサポートは有償オプションとなります。

CUDA-X AI は、NVIDIA の画期的な並列プログラミング モデル「CUDA」 上で構築されたライブラリ群であり、ディープラーニングや機械学習だけでなく、推論や、グラフ分析などに最適なツールがプリインストールされています。

dsws_02_cuda-x

【NVIDIA CUDA-X AIに格納されているライブラリ群】

 ・ディープラーニングの基本操作を高速化する cuDNN

・データ サイエンスのワークフローと機械学習アルゴリズムを高速化する cuML

・推論のトレーニング済みモデルを最適化する NVIDIA TensorRT

・データ サイエンスで Pandas のような API を提供する cuDF

・高性能なグラフ分析を実行する cuGraph

その他 13 種のライブラリが含まれています。これらはすべて NVIDIA Tensor コア GPU とシームレスに動作し、AIベースのアプリケーションの開発および展開を高速化します。
そのためデータサイエンスワークステーションに搭載されるGPUカードは576のTensorコアを搭載した最新のGPUカード「Quadro RTX 6000 / 8000」が推奨されており、特に Quadro RTX8000 はGPU史上最大の48GB GDDR6メモリを搭載しサイズの大きなデータも扱いやすくなってます。

 RTX8000RTX6000
 RTX8000RTX6000
CUDA 並列処理コア4,6084,608
NVIDIA Tensor コア576576
NVIDIA RT コア7272
GPU メモリ48 GB GDDR6(ECC搭載) 24 GB GDDR6
RTX-OPS 84T84T
投入されるレイ 11 Giga Rays/Sec10 Giga Rays/Sec
FP32 パフォーマンス16.3 TFLOPS16.3 TFLOPS
最大消費電力295 W295 W
グラフィックス バス PCI Express 3.0 x 16PCI Express 3.0 x 16
ディスプレイ コネクタ  DP 1.4 (4), VirtualLink (1) DP 1.4 (4), VirtualLink (1)
フォーム ファクタ4.4" (H) x 10.5" (L) デュアル スロット 4.4" (H) x 10.5" (L) デュアル スロット


RAPIDSはデータサイエンスならびにデータ解析パイプラインを全てGPUで実行可能にするCUDA-X AI上に構築されたライブラリ群です。NVIDIAのベンチマークによると機械学習アルゴリズムのXGBoostを利用したトレーニングの過程にRAPIDSを導入することにより、CPUのみの実装と比べて50倍の高速化を実現しています。

 

topPythonとPythonでよく利用されるライブラリをセットにしたパッケージ「Anaconda」を使えばPython環境が簡単に構築できます。NVIDIAは、Anaconda, Inc.とともにデータサイエンティストが Python/R、データサイエンス、AI および機械学習を革新的な方法で行うことのできる「Anaconda Distribution」を提供しています。

 

AI 導入の拡大にともない、多くの企業の IT部門が新しいタイプのワークロードや、多岐に及ぶソフトウェアスタックに対応し始めていますが、日々増え続けるフレームワークやツール類、日々進化するバージョンとハードウェアの整合性を確認・維持していくには膨大な時間と専門的な知識が必要です。
GDEPアドバンスのデータサイエンスワークステーションであれば、NVIDIAサーティファイを取得していますので、NVIDIAサポートチームから直接NGCソフトウェアのサポートが受けられるオプション(有償)サービスも選択可能です。各種ライブラリやツールの追加やの使い方、性能が出ないときのHOWTOまで、NGCから供給されている全てのサービスに対してNVIDIAのサポートチームがダイレクトにお客様をサポートします。

 

dsws_06_gousei_DeepLearinng_BOXDS_W790-1

DeepLearning BOX/DS 


拡張性の高い筐体に最新のNVIDA Quadro®RTXをはじめとするハイエンドGPUを最大で4基搭載可能で、NVIDIAによってチューンされた「NVIDIA CUDA-X AI」がビルドされています。
データサイエンスを加速させるエンドツーエンド プラットフォーム「NVIDIA CUDA-X AI」は TensorコアGPUの柔軟性を存分に発揮させるシステムとなっており、分散型ディープニューラルネットワークサポート用のcuDNNもバンドルされ、データの取り込みから、ETL、モデルのトレーニング、展開に至るデータサイエンスや、回帰、分類およびクラスタリングのための機械学習アルゴリズムまで効率良く高速化することが可能です。

データサイエンスワークステーション キャンペーンモデル (2019年11月末まで)

CPUXeonWシリーズ x1基
GPU

NVIDIA Quadro RTX 6000 / RTX 8000から選択

最大4枚(NGCサポートは2枚まで)

PSU1500W 100V入力
OSUbuntu 18.04.2LTS
その他NVIDIA CUDA-X AIプレインスト-ル (オプションでNGCサポート対応)
価格キャンペーン特別価格
一般企業様向け 838,000円(税別)~
アカデミック  780,420円(税別)~

評価用貸出機もご用意しています。お気軽にご相談下さい。

 

TOPへ