Ryzen搭載ワークステーション GWS-TR3/2G

GWS-TR3/2G
new

 
最大64コア、128スレッドのAMD Ryzen™ Threadripper™プロセッサーを搭載し抜群のコストパフォーマンスを実現したGPUワークステーション。最先端のPCIe® Gen 4.0接続のサポートやQuad-Channelの広帯域DDR4メモリ、そしてNVMeストレージなどシステム全体の性能向上を図り、HPCからDeepLearningまで幅広くカバーできるモデルです。

実際に「GWS-TR3/2G」を用いてTensorflowアプリケーションのビルドを行い、その実行に必要な時間の比較を示したグラフです。

上位モデルのEPYC搭載 DeeplearningBOX/Alpha にはわずかに及びませんが、かなりのスコアをたたき出しています。大規模アプリケーションの並列ビルドは、ディスク I/O、メモリバンド幅、キャッシュサイズ、整数系演算性能など、多岐にわたる項目の複雑に混じった動作の最終結果が実行時間として現れるため、浮動小数点性能を除く大まかな特徴を捉えるには良い指標となると考えられ、CPUの性能向上によりアプリケーションのビルド時間を短縮させ、大幅な開発時間の短縮と効率化が望めます。

  • Ryzen
  • 64Core
  • USB3.1
  • Dual GbE
  • m.2
  • NVMe
  • PCI-Express x16
  • DDR4
  • Quad Channel
  • 3200MHz
  • 水冷CPU
  • 80PLUS認証電源
  • 1年保証
TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。