デザインコラボレーションとシミュレーションのプラットフォーム NVIDIA Omniverse™

NVOMN
new

NVIDIA RTX によるリアルタイム コラボレーション

NVIDIA Omniverse™ は、Pixar USDフォーマットをベースに仮想コラボレーションと物理的に正確なリアルタイム シミュレーションを実現する拡張機能に優れたオープン プラットフォームなクラウドサービスです。クリエイター、デザイナー、エンジニアは、主要なデザイン ツール、アセット、プロジェクトをOminiverseという共有空間を介してリアルタイムに共有することが可能で、Omniverse上で共同作業することができます。クラウドでドキュメントを修正・共有するように、3Dデータを部屋を超え国を超えてデザイナーやアーティスト、技術者の間でリアルタイムな共有が可能になります。


 

Omniverse Enterprise について

NVIDIA Omniverseは無償で利用可能な「Omniverse for individuals」と、より大規模でフレキシブルな利用が可能で、NVIDIAによる技術サポートが付いた有償サブスクリプション「Omniverse Enterprise」の2種類があります。それぞれの機能の違いは以下のとおりです。
ワークフローの共有やリアルタイムなコラボレーションを実現するためには「Omniverse Enterprise」をお勧めします。

 

  NVIDIA Omniverse for individuals(無償) NVIDIA Omniverse Enterprise(有償)
Appsと拡張機能に対応したテスト済みWorkstation Launcher
Enterprise LauncherとIT展開ツール  
他社製デジタルコンテンツ制作(DCC)ツール用Omniverse Connector
Omniverse CreateおよびOmniverse View 1ユーザーのみ ライセンス数可能
統合されたNVIDIA SDK - PhysX、Flow、Blast、CloudXR、MDL、Iray
キャッシュサービス
Nucleus Workstationにより、単一ワークステーションでの展開とマイクロサービスへのアクセスを実現
Omniverse Enterprise Nucleusサーバーにより、データセンター規模での展開とマイクロサービスへのアクセスを実現  
EnterpriseユーザーアカウントSSO/Active Directory  
Nucleusをクラウドでホストするためのライセンス  
SSL (Secure Socket Layer)による安全な通信  
大容量ファイル転送(LFT)スケーリング  
拡張マイクロサービス - Webライブストリーミング、CloudXR ARストリーミング  
マルチアプリケーションコラボレーション - 業界をリードするDCCツール間の リアルタイムコラボレーション
リアルなマルチユーザーコラボレーション
NVIDIA RTXTM 最大2ユーザー ライセンス数可能
プロフェッショナルノートPCおよびワークステーションでテスト および最適化されたNVIDIA-Certified Systems  
NVIDIA Enterpriseサポートサービス  


 

ライセンス形態と価格について

NVIDIA Omniverse Enterprise のご利用には3つのライセンスが必要です。

        

Omniverse Enterprise Nucleusサブスクリプション 

NVIDIA Omniverse を利用するためのベースとなるライセンスです。Omniverseのサービスに接続する全てのユーザー数だけ必要となります。この「Omniverse Enterprise Nucleus」 サブスクリプションと、以下に記載の「Omniverse Enterprise Creator サブスクリプション」か「Omniverse Enterprise Reviewer サブスクリプション」のいずれかを組み合わせて利用します。最低販売数(MOQ)は4本からの販売となります。
 


        

Omniverse Enterprise Creator サブスクリプション

https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/apps/create/
Omniverseのサービス上で3D画像製作やリアルタイムシミュレーションを行うためのアプリケーションを利用できるクリエーターライセンスです。このライセンスはユーザー数分必要となり、ライセンスの数だけ同時接続が可能です。最低販売数(MOQ)は2本からの販売となります。
 


        

Omniverse Enterprise Reviewer サブスクリプション

https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/apps/view/
Omniverse Enterprise Reviewer サブスクリプション は Omniverse Enterprise Creator ユーザーが作成したデータをリアルタイムにレンダリングし閲覧したり、コメントを付けることができるレビュワーライセンスとなります。このライセンスはユーザー数だけ必要となり、ライセンスの数だけ同時接続が可能です。最低販売数(MOQ)は10本からの販売となります。
 

        

NVIDIA Omniverse Enterprise スターターパック

上記の3種類のライセンスについてそれぞれの最低販売数だけ揃えたライセンスパックとなります。
Omniverse Enterprise を始める際にはこのパッケージを1セットと、足りない上記各ライセンスを個別に追加購入頂く形が基本となります。
 

 

商品名

期間

金額

MOQ

NVIDIA Omniverse Enterprise Nucleusサブスクリプション 

1年

¥160,660

4本

NVIDIA Omniverse Enterprise Creator サブスクリプション

1年

¥321,330

2本

NVIDIA Omniverse Enterprise Reviewer サブスクリプション

1年

¥16,070

10本

NVIDIA Omniverse Enterprise スターターパック

1年

¥1,446,000

1セット

※上記価格にコンサル費用やインストール・設定費用は含まれておりません。

 

評価版と利用ハードウェア環境

評価版の入手方法と対応CPU

NVIDIA Omniverse Enterprise の評価版はNVIDIAのホームページから入手可能です。
30日間無料 NVIDIA Omniverse Enterprise 評価版
https://www.nvidia.com/ja-jp/omniverse/enterprise/free-trial/


NVIDIA Omniverse Enterprise は NVIDIA RTX GPU が搭載されているハードウェアで実行できるように設計されています。評価をご検討の際には NVIDIA RTX 搭載のワークステーションまたはサーバーをご用意頂くか、もしくは NVIDIA Omniverse アシストセンター「G.E.T.」までご相談下さい。

 

Omniverseアシストセンター G.E.T.

Omniverseアシストセンター「 G.E.T.」ではRTX GPUカード、RTX搭載ノート、RTX複数枚搭載のOmniverse用リモートアクセスサーバーなど検証に必要なハードウェア環境に各種ライセンスをインストールした状態で貸し出しを行っています。お気軽にご相談下さい。
 



 

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。