FPGAスターターキット FPGA StarterBOX

FPGA-SBOX

XILINX社のAlveoシリーズを搭載したFPGAスターターキット。統合開発環境VitisとXILINXライブラリをプレインストールしたターンキーシステム。FPGAはU50、U200、U250の3種類から選択可能で複数搭載にも対応。またGPUとFPGAの両方を搭載したハイブリッドモデルもご用意しました。安定動作を図るために通気性の確保されたシャーシや、余裕あるマージン設計の電源ユニットなどXILINX社のValue Added Reseller(VAR) であるジーデップ・アドバンス社が細部にまでこだわったFPGA入門モデルです。

 

※ジーデップ・アドバンスはアダプティブコンピューティング研究推進体(ACRi)に参画しています。ACRiではFPGAを活用する高性能なアダプティブコンピューティング・システムの開発及びその設計を効率化するためのFPGA活用基盤の開発を目指して、「AI等の処理を高速化するFPGAアクセラレータの開発」「IoTのためのFPGAアクセラレータ及びFPGAシステムの開発」「設計を効率化するためのFPGA活用基盤の開発」などの研究テーマに取り組んでいます。また、研究成果のアウトリーチ活動として、開発したシステムを含むFPGA関連技術の普及のための事業にも取り組んでいます。
これからFPGAを使ってみたいという方は、是非ACRiから最新の情報収集をお勧めいたします。

TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。