NVIDIA A100 搭載 NVIDIA® DGX A100

NVIDIA DGX A100
new

NVIDIA DGX100 実機を使って試せる評価機(テストドライブ)を提供

NVIDIAのエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンスでは 国内で唯一の DGX A100 実機を使ったリモート検証環境【テストドライブ】をご用意しています。このテストドライブを利用して、最新アーキテクチャA100搭載のDGXで お客様の課題がどれだけスピードアップできるのか?  MIGやTF32など新しい機能とその性能は? などなど、DGX A100実機を用いたベンチマークを取得して頂き、導入における正確なROIを把握して下さい。国内導入実績No.1※※のジーデップが導入を強力にバックアップします。
※2020年8月7日現在 ※※2016年、2017年、2018年、2019年のDGX-1、DGX-2、DGX-Stationの国内出荷実績(2020年1月末現在)
 

関連情報
NVIDIA DGX A100 TRY & BUY キャンペーン
NVIDIA DGX A100 フライヤー
NVIDIA DGX A100 特設画像「開封の儀」 
NVIDIA A100 まとめ 特設ページ

DGX A100におけるMIGとジョブスケジューラUGEの動作検証
DGX-2 クラウド(ベアメタル1棟貸し 16基のGPUを使い放題)

 

DGX A100 TESTDRIVE

DGXシリーズ国内販売実績国内No.1のジーデップが特別価格でご提供

DGX A100
一般価格     税別¥20,200,000円 ✙ サポート&サービス費用
アカデミック価格 税別¥14,500,000円 ✙ サポート&サービス費用

DGX A100 640GB System
一般価格     税別¥31,200,000円 ✙ サポート&サービス費用

アカデミック価格 税別¥21,900,000円 ✙ サポート&サービス費用

(本価格の適用にはNVIDIAの承認が前提となります)
テストドライブでしっかり評価、納得のお値段で導入を後押しします。

 

DGX Station A100製品情報はこちらからご覧ください。

 

豊富な販売実績から蓄積された知見で導入をサポート

ジーデップ・アドバンスでは環境構築や運用支援においても、お客様のご予算とご希望に合わせたて柔軟な提案が可能です。
一般的なDocker環境だけでなくKubernetes(K8s)コンテナオーケストレーションを利用しGPUリソースの共有化と将来的な演算ノードの増設にも容易に対応できる環境を構築します。コード管理ツールや社内専用コンテナレジストリを用意することでバージョン管理、変更履歴管理やイメージの共有も可能ですし、開発者に優しく感覚的に扱いやすいUIや、大規模計算のためのジョブ管理もブラウザで操作可能としコンテナやコンテナオーケストレーションの専門知識も不要です。
さらに、コンテナの脆弱性を開発者が利用前に検出したり、コンテナ起動中も監視を続け、不審な挙動を検知する最新のセキュリティソフトの導入も可能です。


DGX A100 世界初の5ペタFLOPSを実現

DGX A100®はGPUに最新のAmpereアーキテクチャである A100 GPU8基を双方向600GB/Sの新世代NVSwitch で結合しています。CPUはAMDのRome EPYC7742 64コア を採用。ストレージはOS用として1.92TB NVMeSSDをRAID-1で搭載し冗長性を確保、さらにキャッシュ用として高速なU.2 NVNeをRAID-0構成で15TB(3.84TBx4基)の容量をオールフラッシュで提供。
外部インターコネクトはMellanox ConnectX®-6 HDR 200Gb/s のQSFP56ポー トを9基装備しスケールアップを強力にサポートする仕様です。
新GPU A100®の演算性能は、倍精度で19.5TFLOPSと従来のV100の約2.5倍、単精度は「TF32」と呼ばれるFP32とFP16のハイブリッド方式を採用しソフトウェアの改編の必要なく 312TFLOPSのスループットを実現、ディープラーニング推論性能は1,248TOPSといずれもV100の約20倍の演算性能を誇り、8基のA100®を搭載したDGX A100®のAI性能は1ノードで実に5PFLOPSに達します。
さらに、新たに追加された MIG(Multi instance gpu) 機能は A100 GPUを7つのインスタンスに分割して、メモリ、キャッシュ、コンピューティングコアなどのリソースを割り当てて利用できます。1台の DGX A100 で最大56のインスタンスを立ててフレキシブルにリソースを配分し、推論、学習、HPC といった複数のワークロードを互いのレイテンシとスループットに影響を与えることなく同時に実行することが可能になります。

 
 

NVIDIA A100 TENSORコアGPU 

DGX A100 TENSOR

NVIDIA A100 Tensor コア GPU による前例のない高速化をもって、世界で最も困難な計算に AI、データ分析、HPC (ハイ パフォーマンス コンピューティング) で挑むことができます。
 
​第 3 世代の NVIDIA Tensor コアにより性能を大幅に向上できるようになり、A100 GPU を効率的に数千までスケール アップできます。また、マルチインスタンス GPU を使用すれば、あらゆるサイズのワークフローを加速するために 7 つの小さな専用インスタンスとして割り当てることができます。

※A100についての詳細はこちらのページをご覧ください

 

マルチインスタンスGPU(MIG)

DGX A100 MIGMIG を利用することで、DGX A100 の 8 つの A100 Gpu を最大 56 個の GPU インスタンスとして構成し、それぞれが独自の高帯域幅メモリ、キャッシュ、コンピューティング コアで完全分離できます。

 
​これにより管理者は、複数のワークフローに対してサービス品質 (QoS) が保証された GPU のサイズを適切に設定することができます。






 

600GB/Secを実現する次世代NVLINKとNVSWITCH

DGX A100 NVswitchDGX A100 の第 3 世代の NVIDIA® NVLink® は、GPU から GPU への直接帯域幅を 600 ギガバイト/秒 (GB/s) まで倍増します。

 
​これは PCIe Gen4 のほぼ 10 倍に相当します。DGX A100 には、前世代と比較して 2 倍の速度を可能にする次世代の NVIDIA NVSwitch™ も搭載されています。






 

Mellanox Connect X-6 VPI HDR Infiniband 

DGX A100 infiniband HDRDGX A100 には最新型の Mellanox ConnectX-6 VPI HDR InfiniBand /イーサネット アダプターが搭載されており、それぞれが 200 ギガバイト/秒 (GB/s) で動作し、大規模 AI ワークフロー用の高速ファブリックを形成します。

 








 

最適化されたソフトウェアスタック

DGX A100 ソフトウェアスタックDGX A100 には、AI チューニングされた基本オペレーティング システム、必要となるすべてのシステム ソフトウェア、GPU 対応アプリケーション、トレーニング済みモデル、NGC™ の各種機能など、テスト済みで最適化された DGX ソフトウェア スタックが統合されています。








 

組み込まれたセキュリティ

DGX A100セキュリティDGX A100 は、あらゆる主要なハードウェアとソフトウェア コンポーネントを保護するための自動暗号化ドライブ、署名付きソフトウェア コンテナー、安全な管理と監視といったマルチレイヤー アプローチを採用することで、AI 導入において最も信頼性の高いセキュリティ体制を実現します。










 

NVIDIA DGX A100 仕様 


GPU
NVIDIA A100 Tensor Core GPUs × 8
GPUメモリ Total 320 GB
性能
5 petaFLOPS AI
10 petaOPS INT8
NVIDIA NVSwithes 6
最大消費電力 6.5 kW
CPU
Dual AMD Rome 7742
128 cores total,
2.25 GHz(base), 3.4 GHz(max boost)
システムメモリ 1 TB
Network
8x Single-Port Mellanox ConnectX-6 VPI
200Gb/s HDR InfiniBand
1x Dual-Port Mellanox ConnectX-6 VPI
10/25/50/100/200Gb/s Ethernet
ストレージ
OS: 1.92TB M.2 NVME drives × 2
Internal Storage: 15TB
(4x 3.84TB) U.2 NVME drives
ソフトウェア  Ubuntu Linux OS
重量 123kg
大きさ 897.1 D x 482.3 W x 264.0 H  [mm]
運用温度範囲 5 ℃ - 30 ℃
 
 
TOPへ

Linuxn対応について

[ 動作確認モデル ]

動作確認を行ったモデルには[ Linux対応 ]のマークを表示しています。

[ ディストリビューション ]

動作確認は標準のインストーラーを使用したインストールとX-windowの起動、及びLANチップの動作確認(DHCPでのインターネット接続)までを確認しました。
ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux とCentOSですが、ご要望によっては、FedraやUbuntuなど、その他ディストリビューションやバージョンについてもお気軽にご相談下さい。

[ 動作確認デバイス ]

ビデオ内蔵モデルについては内蔵ビデオチップを無効化し別途ビデオカード(nVIDIA社製)を搭載して動作確認を行っているモデルもあります。
また同様にオンボードLANチップではなく別途LANカード(Realtek社製、intel社製)を搭載し動作確認を行っているモデルもございます。

※音源(サウンド)の動作については弊社では確認を行っておりません。インストーラー標準のドライバーで動作する場合もございますが、Linuxのドライバー自体が無く動作認識しないチップもございます。ご理解下さい。

[ 設定、インストール ]

インテルやPGI等の有償コンパイラやMKL等のライブラリやツール類のインストール、各種サーバー構築、設定も承っています。お気軽にご相談下さい。